航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

曹操のお墓

突然ですが三国志が大好きです。
その中でも、悪者に描かれていますが、曹操が大好きです。
孔明と周愈も好きですが。
ダントツで曹操。
曹操は、三国志演義で悪者に描かれたために、それを踏襲する多くの作品で常に悪者にされていますが、合理的で、頭が軟らかく、身分に関わらず有能なものを登用した、織田信長のような方です。
ただ、厳罰主義なところがあったのも事実で、家臣たちは、びくびくしていたというから、そのあたりも信長と似ているとは思います。
そんな曹操のお墓など、当然、もう発掘されているものと思っていて、小学校の頃から
「いつかは曹操のお墓参りをしたい」
という願いがありましたが、年末に

「曹操の墓か!?」

という記事が載りました。
“えぇ!?今更!?っていうか今までわかってなかったんかい!”
ってのが正直なところでしたが、中国からの報道となると、本当とは思えません。
Yahooにはあまりその後記事が見られなかったので、放置していましたが、本日、再び目にした記事が、これ。

Yahooトピックスに載っていた時事通信さんの記事のコピーです。

曹操の遺骨、DNA鑑定計画=上海の大学が子孫の男性募集-中国
1月27日17時25分配信 時事通信

 【上海時事】中国で真贋(しんがん)論争が続く三国志の英雄で魏の始祖、曹操(155~220年)の墓をめぐり、上海の名門・復旦大学が出土した男性の遺骨のDNA鑑定を計画している。父子間で遺伝するY染色体を子孫との間で照合すれば鑑定は可能として、「曹」姓の男性の募集を始めた。27日付の上海各紙が伝えた。
 同大の歴史学と生命科学の研究者が26日共同発表した計画によると、曹操の故郷、安徽省亳州市を中心に、墓が見つかった河南省や山東省で「曹」姓の男性を募り血液を採取。曹操の父親が「夏侯」家からの養子だったとされることから「夏侯」姓の男性も対象とし、合計数百人のサンプルを収集する。 

**********************************************

ほう。
要するに、DNA鑑定で決めようって言うんですね。
・・・・ところで、謎なんですが、西暦220年に亡くなった曹操の血液と、そこから何十代と世代が代わった曹氏の血液とで、血縁関係なら、本当に分かるもんなんでしょうか?
それに、「曹氏」って言うたって、中国に、「曹氏」が曹操を始祖とする方だけじゃなく、弟の曹洪の末裔かもしらんし、全く曹操と血縁関係にない曹さんの末裔かもしれんし、三国時代においてすら「曹操の遠い親戚」にあたる曹さんの末裔かもしれないんじゃないでしょうか?
そんなんで、DNAで分かるのかぁ?????
夏侯氏も対象として数百人のサンプルを収集っていうけど、、、、うーん。

なんだか、まゆつばな感じです。
それでも、曹操ファンとしては、このお墓は事実であってほしいし、埋葬されていた60代男性というのも、曹操自身であって欲しいです。
願わくは、何年後、何十年後かにお会いしたいものです。

以下はYahoo トピックスに載っていたサーチナ、産経新聞さんの記事のコピーです




三国志「曹操の墓」と断定…河南の墳墓、遺骨確認・副葬品の数々も
12月27日20時50分配信 サーチナ
 27日付中国新聞社電によると、河南省政府で文化財の保護・管理を行う部署の省文物局は同日、安陽市安陽県の安豊郷西高穴村の「曹操高陵」を、三国時代に活躍した曹操(155-220年)の墓と断定したと発表した。「曹操高陵」内部からは、60代男性のものとみられる遺骨も見つかった。



 曹操の墓と伝えられている陵墓はほかにも多く、安豊郷西高穴村の“曹操”高陵を「根拠のない伝承」と疑う声も多かった。河南省文物局の陳愛蘭局長によると、墓の規模や状況などが当時の記録と合致し、内部の壁画も後漢末から魏にかけての時代のものと判断できた。

 最も有力とされた証拠は、「魏武王」との文字が刻まれた石牌が発見されたこと。記録によると、曹操は「魏公」ついで「魏王」に封じられた(地位を与えられた)。死後に贈られた諡号(しごう)は「武王」で、出土した石牌と一致する。

 なお、曹操は後に「魏の武帝」と呼ばれるようになったが、曹操を「武帝」と称するようになったのは子の曹丕が後漢の献帝からの禅譲(位を譲ること)により皇帝に即位してから。石牌にある「魏武王」は、むしろ曹操が死去した当時の史実に合致する。

 陵墓の墓室からは遺骨も見つかった。専門家の鑑定によると60代の男性。66歳で死去したとされる曹操と年齢面でも一致する。

 写真は、「曹操高陵」で発見された副葬品。めのうの装飾品などで、当時の工芸の水準と美意識を知る手掛かりになるという。

 魏・呉・蜀漢が並立した「三国時代」は、語り物や劇などでさまざまなエピソードが広く親しまれるようになった。それらを集大成したのが「三国志演義」。民間伝承や三国志演義で曹操は、漢の皇室を脅かし天下をねらう「冷酷無慈悲な敵役(かたきやく)」として描かれている。しかし実際には「すばらしい能力の持ち主で、新しい時代の到来を目指した人物」などの評価が定着している。(編集担当:如月隼人)
**************************************************************

曹操の墓…「断定の決め手」は盗掘者が持ち出した石板だった
12月28日16時30分配信 サーチナ

 新華社電によると、河南省・文物局が同省安陽市郊外の古い陵墓を「曹操の墓」と断定した最大の決め手は、盗掘品の石板だったことが分かった。

 「曹操高陵」の所在地は河南省安陽市安陽県の安豊郷西高穴村。2005年末に農民が発見した。作業中に、水が地面の1カ所で消えてしまうことに気づき、掘ってみたところ大きな空間があったという。

 すぐさま「古い墓が見つかった」との噂が広まり、09年1月末には何者かが新たに侵入した形跡が確認された。その後も「無断侵入」があとを絶たず、地元の警察署は5回にわたり「盗掘者」計38人を逮捕。陵墓内から持ち出した文化財や切り取られた壁画などを押収したという。

 押収した文化財を調べたところ、石の枕とみられる石板に「魏武王御用」の文字が刻まれていた。曹操は生前、自分の墓の盗掘を防ぐため、72カ所の家廟を作らせたとされ、安陽市の「曹操高陵」も、「本物ではないだろう」とする専門家がいた。「魏武王御用」の文字があったことで、曹操が葬られた墓の可能性が高いと考えられるようになり、本格的調査が行われたという。

 「曹操高陵」は現在、鉄の扉などで厳重に封印されている。考古学スタッフによると、曹操の墓は埋葬からそれほど時間が経過していない時代から、しきりに盗掘されたことが分かった。多くの文化財が失われ、遺跡としてもかなり破壊されている。

 ただし、06年以降の発掘調査でも金、銀、銅、玉、めのう、水晶などで作られた副葬品250点あまりが見つかった。特に重要なのは、「魏武王」の文字が彫られた石板と曹操のものとみられる遺骨という。(編集担当:如月隼人)
******************************************************************
曹操の墓で女性の遺骨を発見…20歳・40歳前後、殉死と推定
【社会ニュース】 【この記事に対するコメント】 2009/12/28(月) 16:02

  新華社電によると、河南省・文物局が27日に「三国時代の曹操の墓」と断定した同省安陽市郊外の「曹操高陵」で、女性の遺骨2体が見つかっていたことが分かった。それぞれ20歳・40歳前後で、殉死者とみられている。

  女性の骨は、曹操のものとみられる骨があった中央の墓室の両脇にある副室から1体分ずつみつかった。骨密度が比較的高く生前は栄養状態が良好だったと考えられることから、身分が比較的高い女性が殉死したと推定されている。

  ただし、曹操が死去した際には宮廷の多くの女性を殉死させたとされており、女性の骨が2体分しか見つからなかったことには疑問も感じられるという。

  曹操は生前、自分の墓の盗掘を防ぐため、72カ所の家廟を作らせたという。安陽市郊外の「曹操高陵」は2005年末に農民が発見した。作業中に、水が地面の1カ所で消えてしまうことに気づき、掘ってみたところ大きな空間があったという。(編集担当:如月隼人)



******************************************************************
曹操の陵墓は本物? 「断定早すぎ」疑問の声続々
12月29日18時13分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国河南省文物局が、同省安陽市安陽県で三国時代の英雄、曹操(そうそう、155~220年)の陵墓を発見したと27日に発表したことに対し、学者の一部から「決定的な証拠を発見したとはいえず、断定するのは早すぎる」と疑問視する意見が出ている。

 魏晋文学の研究者として知られる人民大学国学院副院長の袁済喜教授は、華僑向け通信社「中国新聞社」に「河南省文物局が曹操の陵墓と断定した6つの理由は間接的で、直接的な証拠とはいえない」と語った。

 同局は、見つかった副葬品の特徴が曹操の「遺令」(遺言)とほぼ一致し、男性の遺骨が60歳代で曹操の死亡時の年齢と一致することなどを、曹操の陵墓と断定した根拠としている。

 しかし、袁済喜教授は「陵墓はこれまで何度も開けられたことがあると報道されており、誰かが曹操の陵墓に見せかけるために意図的に副葬品を入れた可能性も否定できない。検証しなければならないことはまだ沢山あるのに、こんなに早く結論を出すべきではない」としている。

 考古学者である復旦大学の高蒙河教授も中国紙「新民晩報」に、「発見された遺骨を曹操本人のものと断定するには、曹操の子孫を見つけDNA鑑定をするなど科学的な検証が必要だ」と語り、文物局の手法を「安易だ」と批判した。

 インターネット上でも「曹操の墓にしては安物の副葬品が多すぎる」「戦乱の時代を生きた曹操なのに、盗掘を防ぐ仕掛けがないのはおかしい」などの書き込みが多い。陝西省当局が2007年秋、「野生の華南トラを43年ぶりに発見」として発表した写真が、実は偽物だった例を引き合いに、「地元当局が観光客を誘致するためにつくった墓ではないか」との声すらある。
[PR]
by diamante18 | 2010-01-27 21:01 | 趣味