航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

nippon 団体 5位

オリンピック・ワールドカップ・好きな競技の世界選手権が始まると、生活の全てと話題の全てがそのことになってしまいます。

そんなわけで、バンクーバーオリンピック始まってからというもの夜中に起きないといけなくなって、とっても忙しいです。生放送にこだわってしまうので。

どうしても、どうしても、ジャンプ団体だけは生でみたくて(NHも生で見たけど、LHは目覚まし設定したけど起きれなかった)、気合で3時起きして5:30まで観戦しました。

結果は。。。。5位です。

でも、日本勢は全員が、今までにないいいジャンプを2本ともしてくれました。
とくに、個人LHでは、2回目にすら進めなかったとっちとたっくん。
当然、あの試合のときのような飛距離では、団体の足引っ張りにしかなりません。彼らの奮起が鍵などとかかれてましたが、まぁ、その通り。
そんな彼らがK点越えのジャンプをしてくれたことに、私は感動しました。
もちろん、一番の感動したことは、紀明の大ジャンプ。

実は1本目の3組目途中から眠ってしまい、飛び終わった後の紀明のインタビューで起きたんですが、2本目のときはなんとか起きようとしつつ、途中、とっちのときだけ寝てしまったりもしていました。
紀明のとき、
“これが、紀明のバンクーバー最後のジャンプになるんだからちゃんと見ないと。いけー!!”
と力んでみてたら、ほんまに、びっくりするくらい飛んで、HSの140m!!飛型点も彼らしい19.5点がありました。
すっかりそれで目が覚めてしまい、そこからは、布団を出て、座椅子に座りながら
「落ちろ~落ちろ~」
と念を送っていたんですが、残念ながら、私の念は届かず、日本はメダルには届きませんでした。


でも、ジャンプ陣の若い選手も、それなりの飛距離が出るようになってきたことが、救いです。
今後にも期待が持てます。

でも・・・恐らく、最後のオリンピックになるであろう、紀明に、リレハンメル以来のオリンピックのメダルをあげたかったです。


感動をありがとう、紀明!!
[PR]
by diamante18 | 2010-02-23 08:17 | 趣味