航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

体操世界選手権@Rotterdam 女子団体決勝

やってくれました!!予選8位通過なので、まぁきっと8位だろうと思っていたのですが
決勝に行けただけでもよかったね~なんて思っていたのですが

なんと5位!!!!


最初は、女子団体は見るつもりはなくて、録画だけしようと思っていたんですが、
鶴見虹子選手が床の着地をばしっと決めているのを見て、
「これは生で見ないと!!」
というわけで1時からも見ることに・・・


ですが、結局、TVはつけていたものの、結局は殆ど寝ていて、
解説の人が盛り上がったら目を開けるんですが
その時には、選手がチームのほうへもどるというシーンで
ろくに何も見れていません。
正直、鶴見選手の演技は何も見れていません(笑)。

でも、一瞬だけど見た、ロシア選手の平均台のG難度かF難度の3回ひねりおりに仰天。
あの子が今回の女子チャンピオンになるかなぁ~。

「ソ連」での体操スペシャリスト教育がなくなってから、
ロシアは衰退してきましたが新生ロシアが見れるのではとわくわくします。


それにしても、本当に、日本女子、やってくれました!!

5位とはいえ、メダルをとったくらいうれしいです。



以下はYahooに載っていた読売新聞さんの記事です。




女子団体総合は日本5位…体操世界選手権
読売新聞 10月21日(木)2時16分配信

 【ロッテルダム(オランダ)=増田剛士】体操・世界選手権第5日は20日、ロッテルダムで女子団体総合決勝が行われ、北京五輪5位の日本(鶴見、新竹、田中、山岸、小沢、大島)は、計169・897点で5位に入った。予選首位のロシアが計175・397点で初優勝を果たし、2位には2007年大会優勝の米国、3位には北京五輪金メダルの中国が入った。

 予選、決勝で争う現行方式が導入された1997年大会以降、初の決勝進出を果たした日本は、鶴見虹子(朝日生命ク)らを中心にミスを少なくまとめ、予選8位から大きく躍進。4位だった70年大会に次ぐ成績をおさめた。
[PR]
by diamante18 | 2010-10-21 07:32 | 趣味