航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ソクラテス死亡

偉大な選手が一人、またこの世を去ってしまいました。
まだ、若いのに。
彼の現役時代を知ってるわけでもないし、
そのプレーを見たこともない。
ただ、サッカー好きとして、その名前と偉大さだけは、知っています。

悲しいです・・・。

腹膜炎でも起こしたのかなぁ・・・・。
この記事からだけでは分からないですが・・・・。

ICUでの治療も功を奏さなかったそうです。
感染症による死亡というのは・・・・・ものすごく心が痛みます。

ご冥福をお祈りします。



以下はスポニチアネックスさんの記事のコピペです。
ソクラテス氏死去 ジーコらとセレソン黄金の中盤




ソクラテス氏死去 ジーコらとセレソン黄金の中盤
 サッカーの元ブラジル代表主将で1982、86年のワールドカップ(W杯)に出場したソクラテス氏が4日、サンパウロの病院で死去した。57歳だった。腸の感染症の治療を続けていた。

 ソクラテス氏は長身だったが、ヒールキックでのパスなどが得意な技巧派で知られた。82年W杯スペイン大会で、ともに元日本代表監督のジーコ、ファルカン、元J1鹿島監督のトニーニョセレーゾとともに「黄金のカルテット」と呼ばれる中盤を構成。優勝候補筆頭に挙げられたが、2次リーグで敗退した。代表での国際Aマッチは60試合出場で21得点だった。

 北部ベレン生まれ。医師免許を持ち「ドトール(医者)」と呼ばれた同氏は母国の名門コリンチャンスなどでも活躍した。83年には南米年間最優秀選手にも選ばれた。引退後は主に解説者として活動した。実弟のライーもブラジル代表で活躍し、94年W杯の優勝メンバーだった。

 現地報道によると、ソクラテス氏は大量飲酒による胃腸の出血などで、3~4カ月前から入退院を繰り返していた。(共同)
[PR]
by diamante18 | 2011-12-05 07:44 | 趣味