航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ぎょぇぇぇぇぇ

あぁ、ほんまに気持ち悪かった・・・・・・・

ええ、ついさっきです。
おぞましいものを目にしました。

都会育ちの(自分で言うか・・・*爆)わたしは虫が大の苦手。
・・・何種類か限定で好きなのもおるけど・・・基本的には全般的にだめ。
ちなみに、何ならいけるのか・・・ちょう、バッタ、てんとうむし・・以上。
それ以外でも、まぁ、さほど嫌いではないのもおるかもしれんけど(セミとかかなぶんとか)、以上の3つのみしか、手に乗せれない。これらやったら乗せられても平気やし、服にとまっててもかわいいなぁと思える。

毛虫とかあれ系は、もう、どないもこないもしようもないくらいに無理。
ああいう足のない系。

そんで、何がいたのかというと・・・




バイクで外出から戻ったあたしは、駐輪場にいった。
バイクをいつも停める場所の近くに、全長7~10cmにはなるであろう白茶色い物体が丸くなっていた。全く動かない。

“これは何かの虫か??それとも・・何かの実が乾いて落ちたもの?どっち??
虫やとして、生きてるの?死んでるの??”

全く動かない、白茶色い物体・・。

どうしよう?
どうしようか?

これが、乾いておちた植物の実とかであれば・・・・別に、靴で蹴り飛ばせば構わない。しかし・・・虫であれば・・・・・無理。

近くにあった大きめの葉っぱをちぎって乗せる。
動かない。
やっぱり乾燥した何かの実か?
その上から踏んでみた・・・・・・・・・

むぎゅぅ・・・・・・・・・

ぎょぇぇぇっぇっぇぇぇぇぇぇぇ
柔らかい~~~~~~~~~~~~~


無理っ
無理っ
無理っ
無理っ
無理っ

足を離すと、葉っぱの下で動いてるむし・・・・・・・・・・・・・

ひーーーーーーーーーー

しかし、ここで使命感が出てくる。
これが何の虫かは知らないが、こんなものが、あたしのバイクの近くに生きてるなんて無理。
殺さなければ・・・・・・・・・・・

しかし、これ以上足で踏むのは無理。

ゴミ捨て場のあき瓶なら、汚れても構わない・・・・・・

ゴミ捨て場をあけて、そこにもゴキなどがいないか確認して、あき瓶を手にいれた。その空き瓶で、葉っぱをかけ直して、そしてもう一度・・・

むぎゅぅぅぅ・・・・・・・・・

いやーーーーーーーーーっ、気持ち悪いっっっ!!!!!
足より手のほうが生々しい感触で気持ち悪すぎた。

けれど、その後は、動かなくなった模様。
死んだかな・・・・・
死んでてくれ。

その後、ふと空き瓶を戻そうとしたら、少し離れたとこに野良猫がいて、こっちを見てた。
それもまた予想外でびっくりして
「ぎゃっ!!」
と叫ぶ始末。

あああああああああああ
怖い。
今からまたバイクに乗るのに、近くに死体がまだ転がってるのかなぁ。
いややなぁ。
あの野良猫が食べてくれてたらいいのになぁ。

うううう

虫は怖いです。
[PR]
by diamante18 | 2005-09-01 22:33 | ぶつぶつ