航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

みきてぃおめでとう!!

恐らく、現在、世界中で一番厳しい国内予選なんちゃうかなぁ。
女子のフィギュアスケート代表選考。
今日の女子のFPは、大阪からこっちに戻る新幹線の中やったから、まだ演技自体は見てへんねんけど、新幹線の中の電子ニュース(テロップみたいに流れるやつ)で、みきてぃが代表に選ばれたことを知った。
昨日のSPで6位と出遅れたから、ここんとこ不調やし、中野ゆかりのほうが、断然、最近の試合では輝いてるし、見せ方がうまいから、中野が選ばれると思ってた。
細かいポイントがどうなんかまではしらんかったけど、あたしの昨日の時点の予想では、静、すぐり、中野。もしかして、ポイントで恩田ちゃんが来るかなぁって所。
一番大好きやけど、みきてぃは難しいかなって思った。
FPで4回転成功して、ノーミスにしたらいけるかもしれんけど、プレッシャーに弱いかもなぁ…

などと、勝手に憶測しつつ、早くニュースを見たくて仕方なかった。

結果的には、LOTTEのガーナチョコのCMの3人になったのね(笑)。

まぁ、スケート自体は明日以降に見ます。
しっかし、例年、日本選手権なんて、17-19時とかの時間帯に、NHKでチラッと映る程度やったのに、今年はさすがにすごいねぇ。フィギュアの知名度が一気にアップしたねぇ。
やっぱり、日本陣が活躍すると、その種目って有名になるんやなぁ。

本当に、みきてぃおめでとう!!
トリノでは、「みきてぃを選んで正解!!」と思われるような演技とみきてぃスマイルを見せてね!




<フィギュア>トリノ代表に安藤、荒川、村主、高橋ら6人
2005年12月25日(日) 19時4分 毎日新聞


 来年2月のトリノ冬季五輪フィギュアスケートの日本代表6人が25日、決まった。東京・代々木第1体育館で行われた最終選考会の全日本選手権後に開いた日本スケート連盟のフィギュア委員会と臨時理事会で、女子は荒川静香(23)=プリンスホテル、村主章枝(すぐりふみえ)(24)=avex、安藤美姫(みき)(18)=中京大中京高=の3人に決定。1枠の男子は高橋大輔(19)=関西大、アイスダンスで渡辺心(34)、木戸章之(30)組=新横浜プリンスクラブ=が選ばれた。
 荒川は1998年の長野大会以来2度目、村主は2002年ソルトレークシティー大会に続いて2度目で、その他の選手は五輪初出場となる。
 代表選考は、この2年間の試合の順位をポイント化した上で、今季の成績なども勘案して行われることになっていた。とくに、レベルの高い選手がそろった女子は大激戦で、この日、優勝した村主、3位の荒川がポイントを伸ばして代表入り。今大会6位の安藤は、年齢制限で五輪に出場できない浅田真央(15)=グランプリ東海クラブ=を除くと、代表選考ポイントのトップを守った。結果的には全種目でポイント通りの選考。浅田は今大会2位で、ポイントも1位だったが、規定により選考対象にはならなかった。【冨重圭以子】
 日本スケート連盟は25日、トリノ五輪のフィギュアスケート代表を決定する理事会を開き、女子3枠に荒川静香、安藤美姫、村主章枝を、男子1枠に高橋大輔を決定した。
 代表は、昨季と今季の国際大会の結果をポイント化した代表選考ポイントや、世界ランキング、ベストスコアなどを比較して決定した。
 安藤は、代表選考ポイントが高く、4回転ジャンプが成功すれば五輪の表彰台をねらえる素質を買われた。荒川は、世界ランキング3位の実力や、中国杯で173.60ポイントと高いスコアを出したことが評価された。村主は今季はけがの影響で出遅れたが、NHK杯で3位と復調を果たした実力が買われた。
 また高橋は、アメリカ杯で優勝し、グランプリファイナルでも日本男子初の表彰台に登るなど目覚ましい成長ぶりをみせ、たった1枠の五輪代表を勝ち取った。
 安藤は「五輪は初めてで嬉しい。辛いときも支えてくれたみなさんの応援メッセージのおかげです」とコメント。村主は「多くの応援と支えで道を切り開くことができました」。荒川は「自分の最高の精一杯の演技で一つでも上を目指して頑張ります」と語った。男子の高橋は「金メダルを目指して頑張る」と意欲を見せた。
 トリノ五輪は2月10~27日、イタリアのトリノで行われる。男子ショートプログラムは2月14日(19:00~23:25)、フリーは16日(19:00~23:20)。女子ショートプログラムは21日(19:00~23:25)、23日(19:00~23:10)。すべて現地時間。【野口美恵】
 ▽村主章枝 多くの方々の応援と支えでトリノへの道を切り開くことができた。あと1カ月半、トリノへ希望の道をつなげていきたい。
 ▽荒川静香 トリノでは最高の精いっぱいの演技をしても一つでも上に行きたい。
 ▽安藤美姫 オリンピックは初めてなのでうれしい。辛い時に支えてくれた皆さんの応援のメッセージがあったからと思う。
 ▽高橋大輔 金メダルを目指して頑張ります。
 ▽渡辺心 トリノでは精いっぱい戦ってこようと思います。
 ▽木戸章之 自分たちの持ち味を発揮して全力で戦いたい。
 ◇最強の3人かは疑問
 例をみない激戦となった五輪代表選考は、男女とも選考ポイントの上位者(女子3、男子1)をそのまま選出した。「合計ポイント上位者を優先的に選ぶ」という選考基準に則ったもので、妥当な顔ぶれとなった。
 女子について、日本スケート連盟の小野長久フィギュア部長は「村主、荒川は全日本の戦いを評価し、安藤はポイントが一番高い」と選考理由を説明した。村主は今季、右足故障で出遅れたが、全日本選手権はSP、フリーともノーミスの演技で回復をアピール。荒川は今季国際大会でのベストスコアが代表候補5人の中で最も高く、実力は国内トップと評価する関係者が多い。
 ただし、問題もあった。ポイント4位の中野は今季、安藤にはNHK杯、GPファイナル、全日本と3戦すべて勝利し、今季の獲得ポイントは最多。持ち点(昨季の国際大会の最高ポイントの70%)の低さが響いたわけで、実績のある選手が断然有利なシステムだ。選考基準には「競技会の価値などを勘案し、ポイント差が10%以内なら世界ランキングや今季ベストスコアなどを比較して順位を逆転させて選ぶ場合もある」とあるが、選考では「安藤の調子の悪さが話題にはなったが、ポイント制を重視するというこでもめなかった」(小野部長)という。
 現時点では、試合ごとに急成長している中野の方が、不調気味の安藤より上だ。小野部長も「ポイント制だけでは問題もある」と認めるように、最強の3人を選んだかというと疑問が残る。【来住哲司】
 ○…代表が決まった安藤は「名前を呼ばれてびっくりした」と戸惑いの表情も見せた。選考ポイントではトップだが、今季は調子がなかなか上がらず、この日のフリーも6位と最終グループでは最も低い得点に終わったためだ。演技直後には「トリノが終わったら結婚したい、なんて(甘い考えで)言っていたから力を出し切れなかった」と反省し、4年後のバンクーバーを目指すつもりだった。それが一転してトリノが現実となって「うれしくて涙が出そう」と喜び、今大会では封印した4回転ジャンプも「せっかくの夢の舞台なので挑戦します」と宣言した。
 ○…荒川の五輪は2大会ぶり。長野五輪のときは16歳だった。「前回は五輪に出るのが夢だったけど、今回は現実。五輪の偉大さがわかった上で出られるのは光栄です」と落ち着いて述べた。この日のフリーは「自分らしくない演技」と不本意な出来。スピンを入れたかどうか分からなくなるくらい緊張し、パニックに陥ったという。それを表現力でカバーした。04年の世界選手権優勝後、いったんはプロ転向を決めた。方針変更して挑むトリノでは「お世話になった方に大きな恩返しをしたい」と誓った。
 ○…織田信成(関大)との一騎打ちに勝ってトリノ切符を手にした高橋は「織田君との戦いは最後までギリギリで、ぼく的には楽しめた」と振り返った。五輪は目標と位置づけ、どうしても出たいと思った初めての大会だという。「世界中の人々が注目する舞台。みんなに高橋大輔を見てほしい」と話し「全日本で失敗した4回転ジャンプとトリプルアクセルを決めて、金メダルを目指す」と意欲を見せた。

[ 12月25日 21時52分 更新 ]
[PR]
by diamante18 | 2005-12-25 23:40 | 趣味