航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

トリノオリンピック=オリンピック回想

いよいよ、明日未明からトリノオリンピックです。

今大会、日本チーム全体として、メダル期待度ってどうなんやろう。
フィギュア・みきてぃ、静香ちゃん、すぐり、
モーグルの愛子ちゃん、多英ねえさん、
スピードスケートの加藤じょうじ、
スノボの今井めろちゃん、成田童夢くん、
あたりになるんかなぁ。

私の大好きな、ジャンプやノルディック複合は、皆さんの頭にはないことでしょう。

かなしいな・・。



私が、冬季オリンピックを観戦しだしたのは、夏季(ソウル’88)より遅く、’94年Lillehammmer。
アルベールビルのときは、なんかそういうのをやってるっていうのだけしかしらんくて、競技自体をしらんから、伊藤みどりがしりもちついたってことぐらいしかしらんかった。

なぜ、リレハンメルを知ったのかというと、母親が、荻原健司が大好きで、毎日毎日「健司、健司」って家で言ってた。
あたしは、中2の学年末テスト勉強しながら、母親のペースに巻き込まれていった。
それまで、スポーツをするのも見るのも大嫌いで、陸上競技とボクシング見るのだけが好きやったあたしが、初めて、それら以外のスポーツ。
それが、ジャンプ。
そして、ノルディックコンバインド。
ジャンプは、あたしが8歳の頃、秋山さんという選手が、転倒して鎖骨骨折したのをニュースで見たことがある。そのときに、ジャンプっていうものがあるねんなぁって思った。

はじめてみたスキー競技。
リレハンメルの澄み渡った青空が、私には、印象にのこった。
母親にノルディック複合というものが、どういうものなのかの概要は説明されてて、そのシーズンの健司のすごさをも、説明されていた。そして、もう一人、河野という選手もすごいんやでっていうのも知らされた。個人総合成績2位だと。健司が1位で、河野が2位なのだと。
当時、年間9試合程度しかせーへんノルディック複合のワールドカップ。
オリンピック前に6試合やってたのに、そのうち5試合に優勝、残り1試合も2位というすさまじい成績。今の、ハンヌぐらいの勝率やった。
「荻原ってどんなやつなんやろ」
それくらいの気持ちやった。

どうも、あたしは、母が好きと言う人を好きにはなれへん。それは、(母親に言わせると、対抗してるって言うが)母と違う人を応援して、いっぱいの相手を応援しようっていうだけ。母が応援する以外の人を応援したら、それだけで、我が家で2人へ声援することになるから。

だから、母が健司というのなら、あたしは河野さんにしよう。
それくらいの気持ちやった。
でも、健ちゃんは、当時、若干チャラチャラしてて(笑)、TVに向かってすぐにポーズとったり舌だしたり(舌だしたのはアルベールビルか)。
更に、不運なことに、健司のときに、風がなかったり、追い風やったりで、いつもK点越えるという健ちゃんが、88mとか86mとかしか飛べなかった。
それを見て「なんや、あかんやん」って簡単に考えてた。追い風でもそれだけ飛べるっていうのは、健司やからこそ、なんやけどね。
それよりも、河野さん(こーちゃんと呼んでた)が、大活躍して、あたしは、こーちゃん熱が一気にヒートアップした。
そして、個人戦でのこーちゃんのデッドヒート、そして、団体戦のときの、健司の、本来の健司らしいジャンプ。5分以上の圧倒的なリード、そして余裕の二連覇。
黄金時代、だった。
その翌年にあった、サンダーベイでの世界選手権。4人チームになって初めての大会やったけど、阿部、こーちゃん、健司、つんちゃんの最高の4人で、またしても金メダルをとった。
でも、若手の台頭がなかなかなかったから、健司たちがいなくなったら、また、暗黒時代がやってくるのは見えていた。
今、TVでつんちゃんが「ぼくは、元ジャンパーですから」って言ってるのを見ると悲しい。
多分「元・ノルディック複合選手ですから」って言っても、なかなか分かる人が少ないから、分かりやすくジャンパーって言ってるんでしょうが、つんちゃんは、ジャンパーじゃないのにな・・。って。


ジャンプも、一気に大好きになって。これにさらにジャンプのことを書くと、すさまじく長くなってしまうやろうから、割愛。

そっから、ウィンタースポーツを大好きになった。

ウィンタースポーツだけじゃなくて、スポーツを見るのが大好きになった。
サッカーを好きになったのも、その年の春以降。
そっからは、色んなものを見るのが好きになった。
まぁ、嫌いなもん(野球・ゴルフ)はかわらへんけど。




ぜひ、ジャンプ・岡部たっくん、メダルを取って欲しい。
リレハンメルの頃から、ずっと、活躍してるのに、なかなか知名度はない(笑)。
紀明や船木は、華のあるジャンプ。華麗だ。
それに対して、たっくんや、長野のときの、団体金のもう一人の立役者
(知ってます?長野オリンピックのとき、船木と原田大王が目立ってたけど、
実際の飛距離一番飛んでたのは、浩哉とたっくんなのよ)
・浩哉は、職人芸っぽい雰囲気が漂う。浩哉は、顔もめっちゃかっこいいから、目立ってもいいのになぁって思う。たっくんは、若い頃から、顔があんまかわんないから、今のほうが年齢相応で、かっこいい。



だから、あたしは、上にかいた、メダル期待選手のなかに、岡部たっくんを加えたい。

残念ながら、ノルディックコンバインドに対しては、試合観戦自体は楽しみやけど、メダル期待は宣言でけへんなぁ・・
[PR]
by diamante18 | 2006-02-10 20:42 | 趣味