航平くん、グラスゴーで6連覇!リオでオリンピックも2連覇だっ!!


by diamante18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

説明って難しい・・・

今日、きた患者さん。
昔に、来てたことがあるのだが、ここ最近は来てない患者さん。
歯が痛いということでやってきた。

ところが、普通、1箇所痛い状態で来る方が多いけど
その方は、何箇所も痛いところがある状態やった。
「ここと、こっちのへんと、そのせいで感じるんか、こっちも」
3箇所も同時に、同じような治療を平行・・・??
あたしの力量じゃ無理・・
レントゲンを数枚とって、口の中も診査して、この歯が原因かなぁってとこまではしぼった。おそらく、アレやなぁって検討をつけながら、一応、上の先生にレントゲンも確認してもらって、患者さんに説明を始めた。どういう状態なのか、何が原因なのか、治療方針は・・・

この説明で怒られた。



今の時代、どんな治療するにしても、必ず、検査(レントゲンなり歯をたたくなり見るなり・・)をして、
「あなたはこういう状態で、これが原因やから、こうせなあかん。でも治療するにはこういう方法ああいう方法、そういう方法があって、メリットはこうでデメリットはこうで・・・・」
と説明が必要。
そして、最終的に、どの方法を選ぶかっていうのは、患者さんが決めること。特に保険の範囲内でも複数の治療方法があるときは、そう。
もちろん、『これがいいと思いますよ』っていうのはある。
それに、あまりにも無茶なことを患者さんが要求すれば、それはできないと答えるし、希望したからといって何でもするわけではない。

この方の場合、何箇所も同じような状態があって、でも、同じ病気やけど、歯が違えば、治療方法にも幅があって・・。すべてを話したつもりやったけど、聞く気があまりない雰囲気はめっちゃ伝わってきた。で、あたしは『この方法がいいと思いますよ』っていうアピールをしていこうっていうときに、
「そんな説明はいらんから、やってくれ。痛いんや。言うてること全然わからん」
と。

わかってもらうために、長く説明したことが仇になり、更に、複数部位の話を一気にしてしまったために余計にわからなくしてしまったよう。かみくだいて説明したつもりが「専門用語使われてもわからへん」・・・・・・・・・・コレに関しては、あたしは絶対使ってへんねんやけどなぁ~。いつも平たいコトバしか使わへん。ただ、聞く耳もってなかったら、すべてが専門用語に聞こえたんかもなぁ。
まぁとにかく、お怒りをかってしまったので、すいませんと謝り、
「ただ、治療方針は複数あるので、選んでいただくために・・・」
「話聴いてもわからんから、痛くなくやってくれ」
・・・・・でもなあ~、私のお勧めの方法は麻酔する痛みってのもあるし・・・。うううう
ってなってたら、衛生士さんが先輩を呼んでくれて、フォローしてくれた。先輩のフォローで、まぁ怒りも丸く収まり、いくらかは分かってくれた模様。

怒りが収まった後で、
「あんたが最後までやれるんか?」
といわれた。
別に、治療方針自体は、ものすごい複雑なわけでもない。それぞれの処置だって、それほど難しいわけではない。だから先輩もあたしも即答で
「それは心配ありませんから。保証します」
「はい、私がやります。最後までさせてください」

・・・・本音はね・・。先輩が「オレが担当替わるわ」って言って欲しかった。
でも、それは逃げであることも分かってた。
そういう人から逃げてばかりいたら、あたし自身が成長しないことも分かってる。
ちょっと難しい処置のときは、先輩についてもらう気満々でいるし・・。
だから、これは試練。
頑張らないと。


もうひとつ本音。
「前、この病院でひどい目にあったんや!だからちゃんとして欲しいんや!」
その“ひどい目”の話をされたが、その当時のカルテは保管義務の切れてる時期なのか、残ってなかった。誰がそんなことをしたのかは不明やけど、5年以上前の先生だから、知るよしもない。誰なのかも分からない。
でもさ・・・ひどい目にあったのに、またそこに通院続けれるって・・・・・・・・。すごいな・・。一応、そのひどい目にあった後、尻拭いをしてくれたのは、うちの病院の歯科部長。本来、部長が診療してへん時間帯でも、その人のために診療に来たそうな。
そのフォローがあったから、来ようって思ったんかな・・。

あたしは、いややなって思ったら二度と行かないタイプ。
歯科医院は、10年以上行ったことがないけど(大学のときは、附属病院でちょっと治療してもらったけど)・・・。
いまだに忘れられへんのは、本町の皮膚科。
巻き爪がひどくって、化膿して腫れて痛くて痛くて、靴が何も履けなくなった。んで、近くの皮膚科にいった。そしたら、やたらめったら、怖い先生が
「こんな爪の切りかたするからや!!あんたが悪いんやで。今から、切るから痛いけど、あんたが悪いんやからな」
みたいなことを言われて、巻き爪を根元から縦にペンチみたいなやつで切られた。
腫れてるところにそんなもん入れるわけやから激痛で
「ぎゃあああ」
って叫んでた。その間も
「あんた、自分のせいやねんから我慢しぃ!」
みたいに言われて・・・・・・・・・・・・・・。そんな言い方されたってさぁ、誰が正しい足の爪の切り方なんて知ってんのよ!角を残して四角く切ったほうがいいなんて知らんわ!!丸くするのがいいんかって思うやんけ。

その後、数年たってまた同じところが巻き爪になって苦しんだ。今度は化膿して、知り合いの看護婦さんに針でついて膿まで出してもらった。また、あの皮膚科にいくのいややけど、行きやすい立地・・うう・・って困ってたけど、その看護婦さんの紹介で、巻き爪矯正をやってる皮膚科を紹介され、自費診療やったけど、優しい先生で、巻き爪も楽にしてもらって、すごい助かった。



最近またまいてきて、行きたいなあ~~って思う今日この頃。
でも、診療時間じゃない時間にあけてもらわな行けないのがつらいなぁ~~。
自費で高いし・・
[PR]
by diamante18 | 2006-09-13 22:10 | お仕事。